浮気調査だけじゃない、探偵への意外な依頼の数々

だから頼りになる!探偵の意外なお仕事内容のお話

女性探偵だからできる調査と複雑になった詐欺調査

「探偵」と言えば、専門性が高く特殊な業種だというイメージが常にあります。
私たちが想像する探偵への依頼内容で一番に思い浮かぶのが「浮気調査」ではないでしょうか。
相談件数でもっとも多いのが男女関係であることは間違いないのですが、ほかの相談も受け付けています。
男女関係の延長上では、結婚前に相手の身元の調査を依頼や、素行調査を行っています。
依頼人が一人では集めきれない膨大な情報を代理で収集する、証拠集めも探偵のお仕事です。
例えば、裁判用の証拠資料調査、交通事故の事実関係の調査、社内犯罪の調査まで守備範囲は広いのです。
ストーカーやいたずらは、その行為の現場を押さえないと警察は動かないと言います。
いたずらの例では、誰がやっているのか分かっていて物的証拠があり、近所に対し明らかに迷惑行為になっているのに、警察にいくら訴えても現行犯か行為を記録している動画がなくては動けないと断られたことがあります。
私たちの生活を守るためのストーカー・いたずら対策では、探偵は物的証拠、実際の行為を動画で記録し「動かぬ証拠」を集める依頼人の手助けをします。
実態を知りたくてもなかなか入り込むことができない、子どものいじめの現場の調査も探偵が引き受けてくれます。
いじめの証拠をつかむことができれば、学校へ解決を促すことも可能になるのです。
こんな依頼も受けてくれるの?探偵だからこそ、専門的な知識と経験でわたしたちの「困った!」を解決してくれる頼れる専門家です。
上記の内容だけではない探偵のお仕事の内容を、みなさんと一緒に見ていきたいと思います。